HOME > 院内設備のご案内

院内設備のご案内

経鼻胃内視鏡

写真 直径5.4oの細い胃カメラです。鼻から通すことで舌の奥をさわらず、オエッとなりにくいです。口からでも比較的楽に検査を行えます。胃内視鏡検査では、食道・胃・十二指腸の状態を観察します。必要であれば一部組織を採取し、組織検査を提出します。またピロリ菌の検査も可能です。
胃内視鏡検査は、お電話(089-976-2525)や診察時に御相談頂き検査の予約をお願いします。
当日朝の絶食をお願いしますが、少量のお茶、お水は取っていただいてかまいません。午後の胃内視鏡検査の御希望の方もお気軽にご相談ください。

超音波検査器

写真 頸部や甲状腺、胸部、腹部の検査を行います。
体外から超音波(人間には聞こえない波長の短い音波)をあてて、その反射音(エコー)をコンピュータ処理し、体の臓器や組織の状態を調べます。超音波検査は痛みもなく身体に無害です。

血圧脈波検査装置

写真動脈硬化の程度(動脈のかたさ、動脈の詰まり、血管年齢)を検査します。仰向けに寝た状態で両腕・両足首の血圧と脈波を測定します。時間は5分程度で、血圧測定と同じ感覚でできる簡単な検査です。
動脈硬化の進行を放置すると、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血・閉塞性動脈硬化症などを引き起こす原因となります。糖尿病、高血圧症、脂質異常症、喫煙、過度の飲酒、運動不足など動脈硬化をきたしやすい因子のある方は動脈硬化の進行を遅らせるように積極的に危険因子をコントロールしましょう。

血球測定装置・CRP測定装置

写真(左)血球測定装置
(右)CRP測定装置
院内で白血球、赤血球、血小板などの血液検査を行います。 炎症反応や貧血がないかなどの検査を行います。

ヘモグロビンA1c・尿中微量アルブミン測定機

写真 当院では、院内で糖尿病の指標であるHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)や血糖値、末梢血液検査(白血球、赤血球、血小板)、炎症反応(CRP)、検尿検査を行うことができます。これらの検査結果は当日お知らせいたします。
その他の血液検査などは検査会社に依頼しており、主な検査項目は翌日以降あるいは次回診察時にお知らせいたします。

呼吸機能検査器

写真 スパイロメーターという器械です。息切れする、呼吸が苦しい、咳や痰がでるなど、肺の病気が考えられる時に行います。
これで肺年齢も分かります。

X線照射装置

写真これで胸部・腹部などのレントゲンをとります。
肺炎や肺がん、心肥大、大動脈瘤、胸水、腸管内ガス異常
(腸閉塞)、腎結石などの診断に利用します。

心電図

写真 こちらで心臓の検査をします。

▲ページトップに戻る